その他の疾患

筋挫傷

筋挫傷

筋肉に損傷を受けた症状が「筋挫傷」です。
「挫傷」というのは外圧により皮下組織や筋肉、腱などに損傷が生じることを指します。
激しい痛みと腫れが起こり、格闘技やサッカーなどの激しい接触があるスポーツで起こることが多く、腿前面によく起こります。
外圧の大きさ次第では、炎症が起こったり、骨折や骨が損傷する場合もあります。
筋肉が出血を起こしたり、膨張するため損傷部位は大きく腫れ、皮膚が光沢を帯びることもあります。
受傷から数日程度で最大限に腫れ、少しずつ治っていきます。

症状が長期化してしまうと筋組織の拘縮(こうしゅく)が起こってしまい、曲げ伸ばしが不自由になることがあり、歩行を行うと痛みが伴うため、リハビリが億劫になってしまい、リハビリ効果が薄れるという悪循環に陥るケースもあるので注意が必要です。

軽症の場合にはアイシングや圧迫する、安静にするなどの応急処置によって数日でおさまりますが、中〜重度の場合は筋肉にしこりや障がいが残らないようにリハビリを行うのが効果的です。
痛みのない範囲で可動域を動かして機能を改善していき、動きが正常に戻った際は、痛みが出ない範囲でスクワットなど筋力強化、バランス強化を行って日常生活が行えるようにしてきます。