脳梗塞について

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状

「脳梗塞とは」でも先述したとおり、脳の血管に異常が起こることにより引き起こされる「脳卒中」という病気の中でも、脳に血栓ができてしまい、血管が詰まることによって酸素が行き渡らなくなり起きる症状が「脳梗塞」です。
脳の細胞が正常に機能するためには多くの栄養と酸素が必要なのですが、最も重要なのが酸素です。
酸素が行き渡らなくなることにより、細胞が壊死してしまうのです。

「脳梗塞とは」でも先述したとおり、脳の血管に異常が起こることにより引き起こされる「脳卒中」という病気の中でも、脳に血栓ができてしまい、血管が詰まることによって酸素が行き渡らなくなり起きる症状が「脳梗塞」です。
脳の細胞が正常に機能するためには多くの栄養と酸素が必要なのですが、最も重要なのが酸素です。
酸素が行き渡らなくなることにより、細胞が壊死してしまうのです。

脳梗塞により起こってくる主な症状としてはまず「意識障害」です。
「突然意識を失って倒れる」といったイメージが強いかもしれないですが、完全に意識がなくなってしまう重い症状は一部に過ぎず、少しボーッとしてしまうなど軽い症状でも発症する場合があります。
また、正しく言葉を発することができない、言葉が出てこないなどの言語障害や、手に力がはいらない、箸がうまく持つことができないなど、手足の麻痺、しびれ、またはものが二重に見えたり、食べ物が飲み込めない、足元がふらつくなど、様々な症状が挙げられます。