脳梗塞とは

脳梗塞とは

脳は人間の身体の中でも重要な器官であり、多くの酸素と栄養を必要とします。
その酸素と栄養は、動脈を流れる血液によって運ばれるのですが、その動脈が破れたり詰まることにより障がいが起こり、半身のしびれや麻痺、言語障害が症状として現れるのが「脳卒中」という病気です。
その「脳卒中」の中でも多くの割合占めているのが「脳梗塞」です。
血管が血栓と呼ばれる血のかたまりが血管をふさいでしまったり、破れてしまうことにより血流が途絶えてしまい、脳の神経細胞へ酸素や栄養が十分に運ばれず細胞の一部が壊死してしまうことにより発症します。

脳は人間の身体の中でも重要な器官であり、多くの酸素と栄養を必要とします。
その酸素と栄養は、動脈を流れる血液によって運ばれるのですが、その動脈が破れたり詰まることにより障がいが起こり、半身のしびれや麻痺、言語障害が症状として現れるのが「脳卒中」という病気です。
その「脳卒中」の中でも多くの割合占めているのが「脳梗塞」です。
血管が血栓と呼ばれる血のかたまりが血管をふさいでしまったり、破れてしまうことにより血流が途絶えてしまい、脳の神経細胞へ酸素や栄養が十分に運ばれず細胞の一部が壊死してしまうことにより発症します。

脳梗塞とは”梗塞”という「ものが詰まり流れが通じなくなる」という言葉通り、血栓により普段送られてきていた酸素や栄養が突然停止してしまうため、脳は大きなダメージを受けてしまい、重大な後遺症が残ってしまったり、最悪の場合命を落とす可能性もあります。
脳梗塞には発症パターンがあり、主に3タイプに分けることができます。

血栓性

脳の動脈など太い血管にドロドロのコレステロールの固まりができてしまい、そこへ血小板が集まってきてしまい、動脈がふさがれることにより発症します。
高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因となります。

塞栓性

脳の血管は太い血管から細い血管へ枝分かれしており、主幹脳動脈から枝分かれして流れている細い血管が詰まったり破れてしまうことにより発症します。
最大の原因は高血圧で、圧力により細い血管に負担がかかってしまい、破れたり詰まったりしやすくなり起こります。

血行力学性

脳の太い動脈が「アテローム」という「粉瘤」(ふんりゅう)によって狭くなっている状態です。
太い動脈や頸部の頸動脈、椎骨動脈の動脈硬化が進行することによる血栓形成による閉塞や、血管壁からの血栓のはく離など毛細血管が閉じてしまい急激な血圧の低下や脱水状態が起きると、血流が悪くなり、脳に酸素が運ばれなることが原因で発症します。