脳卒中リハビリパートナーズ
脳卒中リハビリパートナーズ
脳卒中リハビリパートナーズ

脳梗塞・脳出血後遺症で悩まれている方へ オーダーメイドリハビリで「晴れた明日を」

Reason 自費リハビリ"haRe;Az(ハレアス)"
を選ぶ理由

  • 改善を目標にリハビリをしたくてもする場所がない

    リハビリの“質”と“量”の両方を満たすことが出来る

  • 利用者様に合わせてプランの選択が可能

    レギュラープラン、ショートプラン、訪問プラン(40分~90分)

  • 問題の深部へアプローチ

    表面的な問題だけでなく、その要因となる深部の問題点を炙り出し改善へアプローチ

  • 勉強会の講師やアシスタントを務めているスタッフが在籍

    当施設は経験年数10年以上のスタッフしか在籍していません

  • デイサービスなどは年齢層が高く通いにくい

    個別でのリハビリだから年齢に関係なく利用しやすい

  • 保険外だからこそ、型にはまらないリハビリ

    店舗でのリハビリでも必要があれば家屋調査や公共交通機関を使う練習も可能

About haRe;Az(ハレアス)とは

“脳卒中リハビリパートナーズ haRe;Az(ハレアス)”とは
脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症で悩まれている方へオーダーメイドリハビリで
「晴れた明日を」迎えられるように支援する自費リハビリ施設です。

Wish haRe;Az(ハレアス)の思い

昨今、国の方針で入院期間の短縮が病院には求められており、リハビリテーションを多く受けることが出来る回復期リハビリテーション病院も同様であります。
その為、まだまだ改善が見込める時期でも退院を余儀なくされる患者様が非常に多くなっている実情です。
また、入院期間が短くなっている分、どのような形であれ「歩ければいい…。」「自宅に帰れればいい…。」という様なリハビリテーションになっている印象を強く受けます。
当施設では「自費リハビリ」という国の医療制度に捉われることなく納得がいくまで「質の高いリハビリ」を提供することが出来ます。

「もっと良くなりたい」「旅行に行きたい」「仕事に復帰したい」など、お客様お一人お一人の理想をかなえたいという思いで「自費リハビリ」事業を立ち上げました。

詳しく見る

小林 浩之

Profile プロフィール

施設責任者 作業療法士 小林 浩之 Hiroyuki Kobayashi

「自分でも動かせるかもしれない。」や「自分にも出来るかもしれない。」と感じていただき、少しでも前 を向いて、諦めかけていた“旅行”、“家族団欒”、“復職”、“趣味”に向かって一緒に歩きだせたらと思っています。 自分が思い描く理想像に少しでも近づけるように、最善を尽くします。諦める前にぜひ一度ご相談下さい。

スタッフ紹介作業療法士について

小林 浩之

ご評価いただいております。

当サービスを高くご評価いただきました。

  • 医師 岡田 仁

    脳卒中により片麻痺などの後遺症を残した場合には、回復期リハビリテーション病院にて数ヶ月の集中的なリハビリテーションを行い、自宅退院・職場復帰を目指します。自宅退院後は介護保険による訪問リハや通所リハでリハビリを継続していくわけですが、生活の維持を主な目的としているため更なる改善には至らず、後遺障害で不便を感じている方が大多数です。
    病状によっては目的を絞って集中的にリハビリを継続することにより、病院で回復した運動機能をさらに向上できる可能性があります。
    それがこのhaRe;Az(ハレアス)の役割かと思います。きめ細かなオーダーメイドリハビリテーションをモットーとする自費リハビリテーション施設は、患者様への回復の喜びをサポートしていく選択肢としてかなり期待できるのではないでしょうか。
    現状に満足できないかたは、一度haRe;Az(ハレアス)に相談してみてはいかがでしょう。

  • 医師 新美 紀雄

    昨今の医療方法や技術の進歩により、医療保険制度・介護保険制度では、エビデンスに基づく治療が成され改善を認める脳血管障害の方が増えてきております。しかし、その一方でエビデンスを重視するあまり、期間の制限が成されエビデンスに当てはまらない改善の余地のある方々がリハビリを受ける事ができないという実情があります。その中で、個別性に合わせ対応できる技術と経験が自費リハビリ施設には必要になります。脳卒中リハビリパートナーズhaRe;Az(ハレアス)の小林君とは私がセントラル病院で病院長をしていた時期にスタッフとして尽力してくれ、また普段から自己研鑽に取り組んでいる姿を見てきました。そんな彼のいる施設は今後求められる自費リハビリ施設での役割を認識し、最良のリハビリ提供をしてくれると期待しております。

  • 理学療法士 横手 香菜

    退院後の保険内でのリハビリでは時間や回数に制限があります。
    リハビリを望む方々が自費リハビリを選択することで、ご自身・家族が納得するまでリハビリに取り組むことが出来ます。
    また「脳卒中リハビリパートナーズ haRe;Az(ハレアス)」では日常生活能力改善に向けて積極的なリハビリを実施してもらえるので安心して利用者様・家族を推薦できると思います。
    ベテランスタッフが在籍しており勉強会なども定期的に開催しているため、私たちセラピストも参加することでスキルアップに繋がると思います。

    お近くの方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

こんなお悩みを持つ方に
おすすめです

  • 左右の手でパソコンを打ちたい
  • 装具や杖を使用せずに歩けるようになりたい
  • 料理をもっとスムーズに作りたい
  • 麻痺した足でも身体をしっかり支えたい
  • 重いものを持てるようになりたい
  • 手はもう使えないといわれたけど諦められない
  • 階段の上ぼり降だりができるようになりたい
  • 両手を使ってもっとスムーズに生活したい
  • きれいな見た目で歩きたい、歩くのが早くなりたい
  • 好きな旅行や趣味を再開したい
施設風景1
施設風景2
施設風景3
施設風景4
施設風景5
施設風景1
施設風景2
施設風景3
施設風景4
施設風景5